昔の遊びを教えてもらう    平成16年12月8日 本郷小学校1年生

地域社協のメンバーが、本郷小学校1年生に昔の遊びを教えに行った。
コマ廻しやケン玉をやるのは50年ぶりである。
はたして上手くやることが出来るか?不安であったが、心配ご無用!
小さいときに体で覚えた技術(コマをまわす、自転車に乗る・・など)は、忘れないものです。
「わたしは、ケン玉の名人ですよ!」と自信を持って子ども達に教えてきました。
保健室の永井先生が、子どもたち全員にオジャミを作ってきてくれました。

本日の発見!

けん玉は広島県が出発?

廿日市市は古くから木材の集積地として栄えた町です。中でも、けん玉は廿日市市が発祥の地なのです。
伝統的で温かみのある木製のけん玉は、海外へのおみやげなどにも人気があります。
また、集中力が高まる競技として全国に広がっています。
「日本けん玉協会」なるものがあります。詳しくはここ   

けん玉には、右利き用と左利き用がある。

けん玉には糸を通す穴が2ヶ所あります。
糸をどちらの穴から出すかで、右利き用にも左利き用にもなります。
買ったままの状態では右利き用になっています。
大皿、小皿が左右どちらにあるかに注意してください。

まずは自己紹介から! 湯藤会長より「昔の遊び」の説明 永井先生よりオジャミのプレゼント
ここを この指で こーにやるんよ。 アヤトリ よーく見て、上にポイ! オジャミ  ここをこぎゃーにはじくんよ。 オハジキ
昔は上手かったんじゃがー  ケン玉 誰のコマが一番良くまわるか!ヨーイドン ここにパッチンをおいて、そしてのー

        社協のトップページに戻る

inserted by FC2 system